2012年09月01日

中日新聞が韓国大統領の竹島不法上陸や尖閣不法上陸をどのように報じたか

「大須は韓流の街?」の記事で、ちらっと触れましたが、
中部地方で高い購読率を誇るわが愛知の中日新聞社が、
今回の韓国大統領の竹島への違法上陸や、
香港の反共グループによる尖閣不法上陸をどのように報じたか、
写真を撮ったので載せておきます。

まず8月10日 韓国の李明博大統領が竹島に上陸するというニュースが流れた時の紙面。
2012_0901_0810asa.jpg
めずらしく一面トップに載せた。
これは中日新聞としてはとてもめずらしい事なのだ。
ほぼ今まで北朝鮮や韓国と日本との軋轢の問題を一面トップに持ってきた事は少ない。

しかし・・・「竹島訪問」と来たもんだ(笑)
いや・・・自国の領土に違法に上陸しようとしてるんだぞ?わかってるのか?中日。
活字の大きさにも注目。大ニュースではない扱いの活字である。

その記事の内容も「日韓が所有権を主張する竹島」と記載。
「竹島領有権問題」の説明コラムでも、韓国がサンフランシスコ条約から、
条約が効力を発揮する隙をついて 日本人漁師4000人弱をいきなり拿捕し44人が死傷した事などについては触れていない。
韓国側の「実効支配」を何度も何度も書き、その事を強調する書き方になっている。

次が竹島到着の10日の夕刊
2012_0901_0810yuu.jpg
オリンピック中で吉田の3連覇があったとはいえ、一面トップではない。
活字の大きさにも注目。

翌朝の朝刊。
2012_0901_0811asa.jpg
夕刊で一度報じた後だが、夕刊を取っている人は少ないので
実質竹島上陸後初に目にするニュースである人も多い。
消費税法成立と重なったとはいえ、扱いの小ささ、活字の文字の小ささ、
目立たないグレーを背景にしたロゴ、表現のあいまいさにも注目。

8月11日夕刊。
2012_0901_0811yuu.jpg
提訴検討の記事。一面で報じた事はほめるところか。
またグレー背景に黒の活字である。目立たない。

そして終戦記念日の15日、韓国大統領が謝罪要求をした日の記事。
2012_0901_0815asa.jpg
韓国大統領が天皇を侮辱し、国際的にも例のない礼を失した事にたいしてのニュースの扱いが、これ。
中日は、終戦記念日よりも、B29の残骸の事の方が重要だったようである。
政府が「戦意発揚に利用した」という事が彼等の一番伝えたい事だったようである。
今までの竹島関連の記事の活字の大きさと、その違いを比べてみて欲しい。
竹島の記事では絶対に使わなかった大きさの活字である。取り扱い規模も大きい。
そして天皇謝罪要求の活字の小ささ・・・。

そして16日朝刊。尖閣に中国の活動家が上陸した日の朝刊。
2012_0901_0816asa.jpg

この日も、中日新聞にとっては自国の領土が侵犯された事よりも
「旧日本軍 原爆開発の端緒」を優先。日本を、日本軍をとにかく悪く悪く書く事に一生懸命である。
再び活字の大きさにも注意してほしい。またグレー背景に黒のロゴ。

そして・・・18日。
2012_0901_0818yuu.jpg
「大須は韓流の街」
ありえない活字の大きさと、いっぱいの紙面とカラー写真を使っての記事である。

こうして並べてみると、いかに中日新聞の記事の扱いが異常であるかがわかっていただけると思う。

こうして、中部地区の市民は、洗脳されていくのである。

ちなみにこういった関連の記事で、ここ数ヶ月?の間に一面トップで
とてもとても大きな活字で載ったニュースがある。
あまりに腹が立ったので、すぐにマジックでめちゃくちゃ文句を書き込んでしまって
写真を撮っていないのが残念なのだが、
4月21日、一面をほぼ半分以上使って大々的に報じたのが・・・
「北朝鮮最大の穀倉地帯が破滅 餓死者2万人を超える」という記事で
なにを中日が北朝鮮を批判する記事を一面トップででかでか載せているのだ?と疑問に感じ
よくよく見てみると、記事の副題として
「新指導者の金正恩(キムジョンウン)軍用 備蓄米の配布を指示」と書いてある。
つまりはこれが書きたかったらしい。(笑)
金正恩が北朝鮮国民を救うために、備蓄米を出すよう指示だしましたよ、
偉い人ですよ〜・・・とでも日本人が思うと思ったか?(笑)

中日新聞社のスタンスは常にこうである。

日本という国家が侵略されようが、そんな事はたいした問題ではない、と思わせる。
書いたとしても、どの記事にも「慎重な対応が望まれる」とか「過去の慰安婦問題が〜」とか
「過去の侵略戦争が〜」と付け加える事も決して忘れない。
国民が日本という国、国家を意識する事を極端に避けさせようとする記事のつくりにこだわる。
だから、目立たないように三面や4面に載せたりする。
反日の記事はWEBに載らない二面に載せる、
文化面で、こっそりと左翼思想を刷り込む。…数え上げればきりがない。

そうやって新聞しか読まない人達は洗脳されていく。
日々の刷り込みはまことに恐ろしいもので、私であってもこの洗脳で
「考え方のクセ」というものが身に付いてしまい、
知らず知らずの内にそういうものの考え方、とらえ方をしていたのだ。
ネットで違う考え方を知るようになって新聞を批判的に眺めるようになってからも
この「考え方のクセ」から逃れるのに2年くらいかかった記憶がある。
パッと記事を見て、昔のようにまず一瞬とらえてしまい、
「あ、違った」と考え直す事が何度あったか。

何が侵略だ。
韓国併合は世界が認めた併合だ。
植民地支配が当たり前だった時代のものだ。
前の記事の「シンシアリーのブログ」の記事を読み合わせて欲しい。

---------------------------------------------
では中日を取るな、と言われそうである。
しかし猫もいるし公告が必要な時もあり、近所にはこの他には
朝日新聞くらいしかないのである。
読売は少し遠くにあるにはあるが、一度ヤクザまがいの脅しにあったので
取る気にはなれない。。。
産経もない。

こうなったら、とことん監視してやる、と思ったが
なかなか時間に追われてチェックもできないのが現実でもある。
そもそも朝っぱらから、中日読んで腹を立てているのも健康にもよくないので
ほんとに最近は見なくなってはいるのですが・・・

今回の一連の記事の取り扱いがあまりにもひどいものだったので載せておきます。
posted by 紫猫 at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | NHK・マスゴミ問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/289717853

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。