2011年07月18日

●在日朝鮮人の奇妙な行動とVANKの妨害に関して

521 名前:名無しさん@12周年[sage] 投稿日:2011/07/18(月) 07:54:09.45 ID:dm4ehr5s0
>>77
●在日朝鮮人の奇妙な行動

・強制連行されてきた外国人だと言い張るのに、祖国に帰ろうとしない。
・立派な朝鮮人名を名乗らず、屈辱なはずの日本人名を自らの意思で名乗り、祖国に帰ろうとしない。
・「日の丸を見るのも嫌だ」と言いながら、祖国に帰ろうとしない。
・「韓国、北朝鮮は日本より素晴らしい」と言うが、祖国に帰ろうとしない。
・日本はアジアから嫌われていると徹底して日本を非難するが、祖国に帰ろうとしない。
・差別を受けた、弾圧されたと言いながら何故か日本に居続け、祖国に帰ろうとしない。
・朝鮮人の凶悪事件の後、チマチョゴリ切り裂きを自作自演し、祖国に帰ろうとしない。
・総連施設を公的な機関といって税額免除させ
立場が危うくなると北と関係ないとしらを切り、祖国に帰ろうとしない。
・戦後の朝鮮人暴動で日本の土地を不法占拠して居座り続け、祖国に帰ろうとしない。
・大嫌いなはずの日本人に、リアルでもネット上でも成りすまし、
 朝鮮擁護にやっきになり、祖国に帰ろうとしない。
・韓国の拉致被害者は無視し、日本の被害者家族には脅迫行為や妨害工作をして、
 祖国に帰ろうとしない。
・祖国を良くするための諫言はせず、日本に内政干渉をし、祖国に帰ろうとしない。
・日本人から脅迫や暴行を受けたといいながらなぜか警察に届けようとせず、
 祖国に帰ろうとしない。
・すばらしい祖国の徴兵を無視し、祖国に帰ろうとしない。
・外国でトラブルに遭うと、祖国の大使館ではなく日本の大使館に泣きつき、
 祖国に帰ろうとしない。
・祖国に帰れば参政権があるのに、なぜか先に日本での参政権を要求し、
 祖国に帰ろうとしない。
・直ぐそこに韓国が存在するのに、「帰る場所はない」等とほざき、
 結局祖国に帰ろうとしない。

●参考
 犯罪を犯した在日韓国人の強制退去、韓国側が受け入れ拒否

故国は在日たちを「韓国人」とは思っていない事はわかっているため、
日本を自分たちの国にしてしまおうと画策でもしてるんでしょうか?

●参考40 名前:名無しさん@12周年[] 投稿日:2011/07/18(月) 04:41:04.38 ID:94GK0JRY0
ハーフタイムなんで覗いてみた。

【朝鮮半島の統治国の歴史】 万年属国から独立まで
紀元前108年〜220年:漢(植民地)
221年〜245年:魏(植民地)
108年〜313年:晋(植民地)
314年〜676年:晋宋梁陳隋唐(属国)
690年〜900年:渤海(属国)
1126年〜1234年:金(属国)
1259年〜1356年:モンゴル(属国)
1392年〜1637年:明(属国)
1637年〜1897年:清(属国)
1897年:下関条約により清の属国から開放される←←←←←←ココ重要
1903年:ロシア朝鮮半島を南下。日本の尽力によりロシアの属国化を回避
1905年〜1945年:日本(保護国、併合)
1945年〜1948年:アメリカ(非独立)←←←←←←ココも重要
1948年:大韓民国成立(アメリカ軍による朝鮮統治によって国家基盤が形成され成立)
1948年:軍事独裁政権誕生
1948年:済州島4.3事件 3万人虐殺
1950年:朝鮮戦争 400万人殺し合い
1950年:保導連盟事件 30万人虐殺
1951年:国民防衛軍事件 10万人虐殺
1951年:居昌事件 8500人虐殺
1979年:軍出身の大統領政権誕生
1980年:光州事件 600人虐殺
1993年:初の文民政権誕生←←←←←←韓国民主化
1997年:アジア通貨危機・国家財政崩壊によりIMFに土下座

【日韓】国内への韓国侵略化が深刻 歌番組:K-POPコーナー新設 料理番組:韓国冷麺特集 旅番組:新大久保特集 ★4
スレより

1 名前:どすけべ学園高等部φ ★[] 投稿日:2011/07/18(月) 04:21:09.39 ID:???0
「韓流」の話を頻繁にしていると思うが仕方がない。
このところ日本のテレビでは「韓国のほかに素材はないのか」と言いたくなるほど韓国の話ばかり登場するためだ。
料理番組を見れば最近は「韓国冷めん」が夏のメニューとして脚光を浴びているという。
旅行番組を見れば最近は日本の地方在住の女性らの間で「韓流の聖地」となっている新大久保の日帰り旅行が人気だという。
歌謡番組は最初から「K−POPコーナー」を作り番組の3分の1以上を韓国歌謡紹介に割いたりもする。

このように「前例のない韓流ブーム」の中で新たな現象も現れている。
「韓国人は知らないK−POPアイドル」の大挙登場だ。「日本発K−POPアイドル」を前面に打ち出した彼らは
最初から日本での活動を目標に韓国の企画会社と日本の企画会社がタッグを組んで作ったグループだ。
新大久保の専用公演会場で定期公演を開いて有名になった「KINO」が元祖格だが、最近強力なライバルグループが登場した。
「平均身長185センチ、平均年齢19.6歳」を売りにした21人組韓国人アイドルグループ「Apeace(エー・ピース)」だ。
彼らは5月末から東京・恵比寿にあるK−POP専用劇場「Kシアター東京」で公演を開始したが、
デビューしたばかりの新人にもかかわらず駆けつける韓流ファンらで大ヒットを記録しているという。

このほかにも韓国でデビューはしたが主に日本だけで活動し、韓国よりも日本での認知度が高いグループも多い。
最近日本のバラエティー番組で常連の「大国男児」などが代表的だ。

韓国人はよく知らない韓国アイドルの登場は、現在「韓国」というブランド自体が日本で最も熱いアイテムであることを示してくれると同時に、
「文化に国境はない」という言葉を証明する良い事例だ。


◆本来文化に国境はありません。
韓流が音楽として優れ、文化として優れ、
それがまともなかたちで評価されているのならば何も文句はいいません。

しかし現実は、80人程度しか集まらない、しかも日当だして集めたファンを
3000人が熱く押しかけ、と報道し、
韓国政府から資金を得て韓流が人気があるのだという捏造を振りまき、
また韓国政府から資金を得て活動しているVANKのような団体が
世界中にウソをばらまいているにも関わらず
それらの事はいっさい報道せず、
ただしい情報の元、日本人が正しい判断ができないような画策をしているから
これほどまでに嫌われるのですが…。

◆もう一度はっておきます。
これが韓国です。

韓国人によるJ.Crew日本支援妨害事件: 日本海呼称問題と韓国の小中華思想


アップされた方のコメントです。

動画の中でも紹介しましたが、韓国人たちは製品のボイコットを言及してJ.Crew を恫喝することまでしています。自分たちが国際社会のルールを無視していながら、自分たちが勝手にでっち上げたルールに、他人を脅迫までして従わせようとする。チンピラが-やることと同じです。

海の名を書き換え、日本の伝統文化は自国に起源があると主張し、古代に日本が韓国の植民地だったなどという嘘を自国民に教え、日本の組織の中枢に入り込み、強引にドラマや-音楽を売り込んで文化的に日本人を同化しようとする、その先に彼らが描いているものはなんでしょうか? 彼らの日本海呼称問題にむける執拗な情熱は、東の海に横たわるもの全てを自分たちの所有物にしたいいう激しい熱望と関係があるように思えてなりません。彼らが、抹消を 願っているのは単に「日本海」という呼称だけでなく、最終的には「日本」という国そのものではないでしょうか。そのような国の音楽やドラマがテレビにあふれている今の日本-の現状に疑問を抱かずにいられません。

韓国人がJ.Crewに送った噓だらけのE-mailの和訳

「御社のジャパン・ラブ・Tシャツ(商品番号52460)は東海を日本海と誤記しています。この呼称は日本帝国主義と1905年から1945年までの残虐な日本の韓国支配-の時代に由来するものです。それは日本人による大量虐殺、残虐行為、強制労働、慰安婦と呼ばれる数万の韓国人・中国人女性の性奴隷としての搾取を含むこの時代の遺産の一部-です。国連もこの海域は東海/日本海と併記されるべきだと認めています。どうかこのTシャツの名称をより攻撃性が少なく不適切でない名称に変更してください。変更していた-だけない場合には、私たちは御社の全商品のボイコットに参加いたします。」

韓国人がNew York Timesに載せた噓だらけの広告文の和訳

「先月、御社の4月6日の記事で、私たちは小さいけれども重要な間違いを発見しました。韓国と日本の間の海の呼称は「東海」であり、アジア関連の記事で御社が使用されてい-た「日本海」ではないことをお知らせいたします。
この海域は多くの国々によって過去2000年間「東海」と呼ばれてきました。東海の中にある独島もまた純粋なる韓国領として認識されてきました。これが真理であり、歴史を-通じて反論の余地なき事実であります。
「日本海」なるものはこの世界に存在しません。それは歴史をねじまげようとする日本政府の頭の中にだけ存在しています。私たちはこの単純なる真理倭世界でもっとも名高き新-聞の一つであるニューヨークタイムズと、その中で日々真理に光をあたるべく働いておられる記者の皆様にお伝えいたします。」


動画の中でこれらが嘘・捏造である事は証明されています。
タグ:韓流 韓国 在日
posted by 紫猫 at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国韓国問題2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215393881

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。